Kenomika・ケノミカ 髪の仕組みとは?

Kenomika・ケノミカ 髪の仕組みとは?

「髪のしくみと女性ホルモンの関係」

kenomikakaminosikumi

Kenomika・ケノミカ 育毛剤と一緒に知ってもらいたい髪の毛の仕組みとは?

抜け毛が多くなり髪が薄くなってしまうにも原因がある

40歳アラフォー世代を過ぎてきた女性の悩みとして、白髪と同じくらい抜け毛に対する不安や頭頂部のボリュームがなくなり、薄くなってきたという悩みの話をよく耳にします。
このような毛髪の悩みは性別により、頭髪が薄くなってくる箇所や原因にも違いがあるんです。
男女ともに加齢による影響から抜け毛が増えたり、髪の毛が細くなっていくのは共通しています。
しかし、男性の場合は額の上部分など頭頂部から始まることが多く、女性の場合は全体的に徐々に薄くなっていく傾向のようです。
年齢を重ねるにつれ、シャンプーやブラッシングしたときの抜け毛の多さにビックリ(゚∀゚)して気づくと思いますが、ビックリするまでは有効な対策ができないこともあります。

kenomikakaminosikumi2

こちらでは、女性の抜け毛の原因と対策についてです。
髪の毛の成長というのも、やはり女性ホルモンと深く関係しています。
閉経とともに更年期障害などの症状が気になってくる頃から薄毛や脱毛が気になる方が多いようです。
女性の抜け毛には女性ホルモンの減少が大きく影響しているからです。

髪も女性ホルモンと深い関わりがあります!

女性ホルモンにはエストロゲンという成分が含まれています。
このエストロゲンの成分が髪の毛の成長に大きく関わっているといわれています。
エストロゲンとは女性らしい体つきや肌質、髪の毛のハリを維持する働きをしますが、それとともに成長を支えるコラーゲンを体内で作るときにも必要な成分になります。
このエストロゲン不足することで、更年期障害や生理痛などの女性独特の症状につながってくるといわれています。
エストロゲンが不足し、コラーゲンの分泌量も少なくなると、必然的に髪への成長が阻害されてしまいます。
女性ホルモンの減少は加齢はもちろんですが、日常生活のストレスや食生活の乱れなど大きく影響してきます。
ホルモンバランスが崩れてしまうと、体だけでなく髪の毛の1本1本にまで関係してしまいますよ。


では、女性ホルモンが不足、バランスが崩れるとどのような影響がでるのでしょう?
まず、髪の毛に栄養が行き届かなくなるとハリやコシがなくなり、1本1本の髪の毛も細くなってしまいます。
栄養が足りないことから、髪の毛の発育が悪くなり毛根が細くなるため皮膚への定着が悪くなり、抜け毛につながるわけです。
こうして髪の毛の成長サイクルが崩れてしまうと、女性特有の全体的に毛髪のボリュームダウンになってしまいます。

Kenomika ケノミカ 髪の仕組み ホルモン


Kenomika・ケノミカ が最安値で返金保証も!【世界一女性用育毛剤】 トップページ

FX業者