薄毛があるきっかけに


薄毛から自分にどれだけのストレスがかかっっていたかがわかりました。

薄毛がきっかけに

「ハゲは健康に目覚めたきっかけ。」

"自分が薄毛になった原因は恐らくストレスです。

今の会社はいわゆるブラック企業で、人でが足りない割に、仕事はとんでもなく量があるし、残業代は出ないのに、サービス残業を強要させられるような職場です。

そんな職場ですので、ストレス解消の為に暴食したり、タバコを吸いまくりヘビースモーカー化してしまったりと、非常に不摂生な生活になっています。

そんなある日の事、チームのリーダーが言いました。
「なんか頭薄くなってない?」

衝撃を受けた僕はスマートフォンで自分の頭頂部を撮ってもらってみたところ、とんでもなく毛量がスカスカになっていたのです。

僕はどうやら頭頂部からハゲるタイプだったらしいです。

このままではマズいと思った僕は、対策を立てることにしました。

まずはタバコを禁煙するために、飴を食べたり水を飲みまくったりして欲求を減らし、禁煙に成功しました。

それから運動不足で体の代謝が悪くなっているのも原因だろうと思い、毎朝のジョギングを習慣化して、よく汗を流すようになりました。

ジョギングの効果もでかいのでしょうが、精神的にも強さが出来、仕事でのストレスを暴食やヘビースモーカー化することもなくなり、健康的な生活を続けました。

すると少しずつではありますが、黒さが戻ってきてるとチームのリーダーや、妻にも言われるようになりました。

ハゲになることで健康に目覚めるのだなと思った出来事です。

薄毛体験レポート集 ケノミカは薄毛予防にもなります。



薄毛

「自分には関係ないと思ってました」

30代も半ばを過ぎた私(男)。

先日、十数年ぶりに学生時代の友人と再会しました。

当時の彼はイケメンでモテており、すごくうらやましく感じておりました。

が、今。

彼の頭の地肌が見えていたのです。

そう、だいぶ薄くなっておりました。

顔は相変わらずイケメンなのですが、無理して当時のような髪型をしているためなんだかアンバランスな感じに・・・。

年月の残酷さを感じながら帰宅しました。

そしていつものようにシャワーを浴びると、なんと手には大量の髪の毛が。

あわてて鏡を見てみると、まだセーフな様子でした。

しかし油断はできません。

自分には無関係だと思っていたのに。

心の中でバカにしていた彼に謝りました。

その日から髪の毛をいたわる日々がスタートしました。

まずはいつもガッチリ固めていたワックスもやめました。

帽子もやめました。油ものも減らしました。

そしてスマホの検索ワードは「薄毛 対策」「薄毛 原因」ばかりに。

今の所成果が出ている感じは全くしません。

シャワーの際の屈辱も続いています。

しかし、様々な努力をすることで毎日の生活にハリが出てきたような感じはします。

この調子で、髪の毛も艶とハリを取り戻せますように。今年度の目標です。

女性用育毛剤kenomikaは男性にも効果がるようです。

そして、自分でも知らず知らずに進行している薄毛の原因とは?




「知らず知らずのうちに頭皮のストレス溜まっていませんか」

抜け毛の量が増えてきたなとは思っていたのですが、その原因もよく分かりませんし、有効な対策も思いつかないまま数年が経過してしまいました。

最近になって思い当たったのが、常に頭皮を引っ張っているからではないかということです。

ショートヘアにすると寝癖が酷かったり、顔に髪が当たるのが気になってしまうので、ずっと長い髪をゴムやピンなどできつく固めていたのです。

いつも頭皮が緊張状態になっているのが悪いのかなと思うようになりました。

そこで、仕事中はポニーテールのようにしていましたが、最近はターバンで抑えるなどして、出来るだけ頭皮を引っ張らないように心掛けました。

まだそれほど抜け毛の量に変化はありませんが、増えてはいないようです。

なんとなくですが、頭と肩の緊張がほぐれてきたように感じています。

髪型を変更したことで、少しは頭皮の負担を減らして血行を良くすることが出来たんじゃないかと期待しています。

どう考えても、髪を後ろに引っ張ることで生え際が後退しやすいでしょうから。

年々抜け毛の増加が止まらなかったのを抑制できている気がするので、マッサージを加えつつ頭皮のストレスを減らす方法を考えてみようと思っています。

髪の毛を通して自分自身の生活が改善できるのはいいことですね。



Kenomika・ケノミカ が最安値で返金保証も!【世界一女性用育毛剤】 トップページ

FX業者